「八意思兼(金)命」はどのような神か?


 高円寺に在する氷川神社の山本雅道宮司の「八意思兼命」とは日本神話によると思兼命(八意思兼命)は天孫降臨の際に尊に随伴した神の一人であり、天の岩屋戸から天照大神をお出まし願うため、神楽舞の方策を講じた神で、八意思兼命は多くの人々の思慮を一人で兼ね備えた「知恵の神」なのである。思兼命のカネは大工道具の曲尺のカネに通じるとして、大工が建前の時に行う「手斧初めの儀式」の主神にもなっている。思兼命を御祭神とする神社は、思金神社(横浜市)、秩父神社(埼玉県)、静神社(茨城県)、阿智神社(長野県)は、いずれも建築関係の神として祀られている。水の神や山の神は数多くあるが、天気の神としては気象神社だけで、「晴・曇・雨・風・雷・霜・雪・霧」などの8つの気象現象を制御祈願する神社である。
八意思兼命を「天気の神」としたのは天照大神が天の岩屋戸に隠れて、世の中が暗闇になった時に岩戸を開ける方法を考えられたので、暗闇を明るくする力を持った神とされたからだと言う。
なお、氷川神社宮司は「八意思兼命」を御祭神している神は秩父神社、戸隠神社に祀られており、この名称をそのまま神社名としている神社が横浜市栄区にある「思金神社」としてある思金神社はJR根岸線港南台駅近くの小高い丘の静かな山間に八意思金大神を祀っている。思金と言う名称を直接表示している神はここにしかないのではと思われる。  

                 「ホームページ」より」