先祖の御霊を祀るには


御霊祭(供養)とは、正月・命日・彼岸・お盆に先祖のお墓に参れば良いという事だけではありません。先祖が知らず知らずに犯した罪穢れが子孫に因縁因果として残されてしまい、それ故に自分達の身に悪しき事々が起き、何故こんなに降りかかって来るのが分からず現に苦しまれている方が居られます。
又、日々降りかかってくる悪しき想い等を清めてゆくには神様に先祖の御霊を和ませて頂く大事な「祭り」を行い、薄紙をはぐように正常な生活が出来てくるのです。そして子孫に悪しき因縁因果を残してはならぬ重大さを知らねばなりません。その為にも先祖の御霊祭をする事が大事なのです。
当神社に於いては毎月一日、十五日に先祖の御霊鎮めの御霊祭りを執り行っております。(郵送でも受け付けております。)
祈祷料は二千円より頂いております。


平成二十二年三月二十一日

↓先祖の御霊鎮めの御札です。(一体 百円、月二回執り行っております。)