社印





花押使用文字「八意」

「意」の文字は音と心からなり、本義は心にあり
「説文」に「言を察して意を知るなり」とあります。
音とは神のことをさし、故に神意の意味となります。
花押は天地人の三才(周易)を元に、「八意」を使用
し作成。「八」(八百万)を天の線から下方に広げ、
左の福徳線(丸い部分)で大きく円を描き福徳で意を
つつむ形をとる。
最後に心の点を左右に打つ形をとってあります。

上下の「八」は天地を表わします。