趣 意 書


思金神社にお祀りされています御祭神八意思金大神は、学問・智恵並びに建設の神・天の岩戸開きや天孫降臨にも活躍された言わば、高天原の名参謀長であります。
現在の社殿は昭和三年に白山神社の拝殿としてこの地に建立されましたが、昭和五十年には上郷地区の造成により白山神社の合祀にてこの拝殿を先代宮司及び氏子等の思いを受け継ぎ思金神社が頂戴致しました。建立されて七十有余年の星霜を重ねて参り今日に至りました。社殿及び階段の損傷が甚だしくなっております。今日まで度々階段の修復や、社殿の塗装工事等をして参りましたが、近年殊に御社殿の老朽化、損傷が進み、階段などは参拝に際して危険に思われ心痛の極みでございます。これを見かね氏子崇敬者代表有志御賛同のもとに合いより協議の結果、御社殿・社務所の新築及び階段修復奉賛事業発起人会が結成され、御社殿・社務所新築造営、階段修復の為、氏子崇敬者皆様に、浄財御寄進を仰ぐことになりました。何卒本趣旨に御賛同の上、格別の御奉賛を賜わりたくここに謹んでお願い申上げる次第であります。
皆様の御理解と、崇敬者の結晶により御社殿新築造営及び階段修復の大事業が立派に達成されますことを切望し氏子崇敬者皆様の御繁栄を心より御祈念申上げます。

平成十七年五月吉日
思 金 神 社      
宮司 平 野 正 兼
建設委員一同



全景見取図
この絵は完成予想図のため、諸協議により変更があることをご了承下さい。

事業内容


第一期工事(平成十七年度予定)
・階段修復工事

第二期工事
・御社殿新築工事
・社務所新築工事
・境内地整備事業

総事業費 二億五千万円 第一期工事 五千万円
            第二期工事  二億円

銅版奉納の御案内(第二期工事)
御奉納されました銅版は、御用材として社殿修復に使用させて頂きます。皆様の尊い御芳志は大神様とより深いご神縁を結びます。
お申し込みは社務所にてお願いします。(御用材として使用する銅版に直接お名前等お書き頂きます)



寄付の内容等はこちらで確認できます。
思金神社社殿・社務所・階段造営修復寄付申込書
こちらの申込書はそのままプリントできるようになっております。

● ● ● 御寄付の手順 ● ● ●

1. 上記申込書をプリントし、必要事項を記入する。
2. 申込書をFAXまたは郵送で送る。
247-0013 横浜市栄区上郷町745-1 思金神社
TEL 045-895-2411
FAX 045-893-5178
3. 寄付金額を振込む。
銀行振込の場合
横浜銀行港南台支店 口座 思金神社修復金 代表 平野正兼
                口座番号 普通1538163
郵便振替の場合
加入者 思金神社
番号00220-2-41326
※銀行振込の場合は振込後に御一報下さい。
お振込確認後に神社より領収書が発行されます。

●直接御来社にても承ります。

ご不明な点などはお電話にてご確認下さい。



石段の図面