知恵の神様 思金神社

 
 

思金神社 omoikane jinja

天岩戸伝説で大活躍された
知恵の神様
八意思金大神様をお祀りしています。

ただいまサイトのリニューアル中です。
     思金神社本殿写真      思金神社鳥居写真      思金神社睡蓮写真      思金神社丘虎の尾が咲く写真 思金神社人形供養

思金神社

御祭神 八意思金大神・下照姫神(ワカ姫)
御神徳 学問知恵・方位方除・気象・建設・和歌・縁結び

金運、財運、開運をもたらす、
出世と知恵の神様です。

知恵とお金の神様、縁結びと和歌の神様

思金神社の御祭神の八意思金大神様は、日本神話で有名な天岩戸開きの伝説をはじめ、国譲り、天孫降臨といった重大な局面で大活躍され、天照大神の知恵袋として有名な神様であります。
その御威徳から学業や資格、経営、商売、出世、開運、工芸、技芸に御利益が授かるほか、金融や金銭資産、金属工業など「金」にまつわる金運の神様でもあります。
配祀神である下照姫神(したてるひめかみ)様は、天照大御神様の妹君で、和歌の上手な歌の神様であり、思金大神様と結ばれた恋愛・結婚・縁結びの神様です。

八意思金大神(やごころおもいかねおおかみ)様

八意思金大神様は、方位、知恵、建設、気象の神として知られ、とりわけ知恵、思考、思慮を神格化した神として崇められております。
その御威徳から学業や資格、経営、商売、出世、開運、工芸、技芸に御利益が授かるほか、今で言うプロデュースやディレクション、マネジメント、エンターテイメント、クリエイティブの分野にも御神徳の高い神様であります。

日本書紀では思金神社の御祭神の八意思金大神様のお働きを「深謀遠慮」と表現されており、将来を見据えたビジョンを描くとされております。「八意」は多くの意見を聞くと解し、「思」は思慮、「金」には「兼」の字を充て「多くの思慮を兼ねている神様」とされています。

また、八意思金大神様は「金」に総じて御神徳があるとされ、金融や金銭資産などの金運・財運に大きく関わるほか、金属産業をはじめ建築・建設業、鉄道、農林業、水産漁業、服飾・理美容業、飲食業、防犯・防災など金属を用いた道具や器具を用いる産業全般にご利益があるとされています。

     
所在地 神奈川県横浜市栄区上郷町745−1
電話045-895-2411
FAX045-895-2416
アクセスJR京浜東北線『港南台』駅よりバス『紅葉橋』下車
開門時間10:00~16:00
 
メールでのお問い合わせはこちらにお送りくださいませ。